新宿区の賃貸アパートについて

東京の中心地、新宿。

世界でも有数の街であり、新宿駅の一日の乗降客数は世界一とも言われております。

そんな新宿にも、数多くの賃貸アパートはあります。

これらのアパートの賃貸借契約を結ぶにあたり、多くの場合は、連帯保証人が必要となります。

特に外国人が部屋を借りる場合は、日本人の連帯保証人が必要な場合が多くなっています。

連帯保証人ですから、契約者と同等の責任が発生してきます。

そのため、契約時に連帯保証人の実印と、印鑑証明が必要となってきます。

部屋を貸す側としても、なにかトラブルが発生した時に、契約者だけでなく、別に連絡が取れ、責任もとれる人がいた方が安心します。

しかし、最近は、連帯保証人を不要とする賃貸物件も増えてきました。

これは、保証会社による保証があるため、改めて連帯保証人をとらなくても、家賃の滞納などがあったとき、保証会社が家賃などを補てんしてくれるのです。

そのかわり、借主は保証会社に保証料を支払わなくてはなりません。